脂肪溶解注射とは

痩せたい部位の皮膚内に有効成分を注入することで、皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されるとても効果的に行える痩身法です。 脂肪溶解注射 | 城本クリニック
主に大豆から抽出される成分で、脂質の代謝を高め、血管壁に付着したコレステロールを溶かします。
この脂肪を溶かし排出する力を利用したのが、脂肪溶解注射です。
皮下脂肪に直接注射することで、薬液の浸透した部分の脂肪細胞が破壊され溶解します。
溶け出した脂肪は血管を通り、そのまま汗や尿などと一緒に体外に排出されます。
脂肪細胞の数は変動しないので、一度除去された脂肪が再生することはありません。
脂肪溶解注射 | 椿クリニック
エバー・スリム®は、植物から抽出した成分を主として構成されており、サポニンによって脂肪細胞を分解・排出し、アミノ酸の一種であるチロシンにより脂肪の代謝を促します。 エバー・スリム® | 品川スキンクリニック美容皮フ科

 脂肪溶解注射(メソセラピー)とは、脂肪細胞に薬剤を直接注射することで、食事制限では落としづらい脂肪やセルライトを融解・分解して体外へ排出させる痩身法のことだ。

 ◎身体にメスを入れる脂肪吸引と異なり、創痕が残らない
 ◎極細の針を使うため痛みが少ない
 ◎施術時間が5~10分と短い
 ◎入院不要で、施術後はすぐに普段通りの生活を送れる
夫に内緒で脂肪溶解注射を受けた妻、効果のほどは? | ダイヤモンド・オンライン

脂肪溶解注射治療とは、脂肪を溶かす成分が含まれた薬剤を皮下に注入し、薬剤が脂肪細胞を分解、溶解することで、痩身効果を可能とする治療法です。

脂肪溶解注射により溶け出した脂肪は血管を通り、汗や尿となって自然と体外に排出されます。 【部分痩せ】脂肪溶解注射(メソセラピー)の種類と効果を医師が徹底解説! | セレクトクリニック
脂肪溶解注射は、痩せたい部分に薬剤を注射し、脂肪細胞を分解させます。 分解された脂肪細胞の中の脂肪は、リンパや血流に入り、体外に尿や汗とともに排出されるので、脂肪細胞自体を減少させるダイエット外来です。 脂肪溶解注射(ミケランジェロ・BNLS NEO)| 六本木スキンクリニック
メソセラピー脂肪融解注射は、痩せたい部分に薬剤を注射するだけで、脂肪を溶かして排出。脂肪吸引にかわる画期的な部分痩せとして注目されています。 メソセラピー(脂肪溶解注射)| 有楽町美容外科クリニック
BNLS neoは天然ハーブを主成分としていますので、身体にも安全です。 全身の気になる部位に注射することで、脂肪を分解して脂肪細胞数を減らします。 脂肪溶解注射 | ユイメディカルクリニック
使用する注射液(フォスーファチジルコリン)は、コレステロールを減らし、代謝機能を増強し、肝臓および細胞の代謝機能を高めることが医学的にも証明されています。通常、2~4回目の注射の後に効果がでてきますが、脂肪吸引手術の痩身効果と比較すると4回の注射で脂肪吸引手術の約70%程度といわれています。 脂肪溶解注射 | 秋葉原スキンクリニック
脂肪溶解注射とは、PPC(フォスファチジルコリン)を気になる皮下脂肪がある部位に注射することによって脂肪細胞そのものを溶解させて尿などと一緒に体外に排出させる治療です。 脂肪溶解注射(メソセラピー) | 三島クリニック