なつぞらのネタバレ・あらすじ

My Hair is Bad『恋人ができたんだ』の歌詞とサウンドと恋愛論を語る

歌詞・サウンドのそれぞれで、最初に結論を書くとこうなる。↓

記事の目次は下の通り。気になる部分から読んでほしい。↓

歌詞…「新たな恋人ができる=二度目の別れ」という内容

この曲のテーマは「新たな恋人ができることは、二度目の別れである」ということだと思う。あくまで私の受け取り方だが。

↑授業のポイントみたいにまとめると、こうなる。新しい恋人ができて、しかもその子を本当に好きになったとき「前の恋が完全に終わってしまった」ということだ。

歌詞のどの部分にそのメッセージがあるか

全体的にそうなんだが、わかりやすいのは「サビの最後」だ。1番と2番で、それぞれこうなっている。↓

【1番】

もう会えないよ
だって 恋人ができたんだ

【2番】

もう会えないよ
僕ら 恋人ができたんだ

『恋人ができたんだ』の歌詞(歌ネット)

他の部分では「恋人ができたんだ」というフレーズは「ただの報告」のようになっている。

しかし、サビの最後では「恋のトドメ」のように使われているのだ。

もちろん、男はトドメを刺したいわけではなく「これで終わってしまったんだ」と悲しんでいる。

(元カノの方はなんとなく平気そうだが…)

サウンド…KANの『まゆみ』へのオマージュ?

KANとは『愛は勝つ』で有名な歌手だ。『まゆみ』もけっこう売れた曲だが、出だしのサウンドが『恋人が~』とよく似ている。

両方、始まりの部分がこうなっているのだ。↓

出だしを聴き比べてみよう

まず、『まゆみ』を聴いてみよう。埋め込みでは聴けないことがあるので、YouTubeで直接聴いてほしい

続いて『恋人ができたんだ』の方だ。

明るいか寂しいか、という違いはある。しかし、それ以外はよく似ているだろう。

もちろん、これだけだったらオマージュというほどではない。重要なのは「歌詞」だ。

歌詞が「君の調子はどう?」と「最近の君はどう?」でかぶる

まず、『恋人ができたんだ』の出だしはこうなっている。↓

恋人ができたんだ
本気で好きと思う子なんだ
君の調子はどう?君の調子はどうだい?

『恋人ができたんだ』の歌詞(歌ネット)

続いて『まゆみ』の出だしはこうだ。↓

まゆみ 最近の君はどう
ぼくはね 少しふてくされてるよ

『まゆみ』の歌詞(うたまっぷ)

サウンドに加えて、出だしの歌詞まで共通点があったら、オマージュの可能性が高いと思う。

『まゆみ』は三ツ矢サイダーのCMソングだった

若い人だと『まゆみ』を超マイナー曲だと思うだろう。

確かに『愛は勝つ』ほど一世を風靡したわけではないが、当時はそこそこ売れたのだ。三ツ矢サイダーのCMソングにもなった。↓

また「最近の君はどう?」というフレーズが印象的な曲だ。そのため、音楽好きで「最近どう?」という歌詞が頭に浮かんだら、連想ゲームで『まゆみ』を思い出す人は多い(はず)。

オマージュとパクリは違う

当たり前だが、オマージュとパクリはまったく違う。マイヘアがやったのは完全な「オマージュ」で、パクリの要素は1mgもない。

(もちろん、オマージュかどうかわからないが、多分そうだろう)

『愛は勝つ』の動画

若いマイヘアファンだと、『愛は勝つ』を知らないかもしれない。しかし、日本の音楽史に残る大ヒット曲なので、知っておいて損はない。

原曲(演奏はKAN)
震災のとき、アップフロントのオールスターで歌われたバージョン
℃-uteがカバーしたバージョン

『愛は勝つ』の紹介がちょっと長くなった。しかし、「KANはマイナー歌手ではない」というのは、わかってもらえるだろう。

(若い人へのこういう説明に苦労するとき、自分の年齢を痛感する…)

女子だと意味がわからないかもしれないが…

こういう感情は男子独特のもので、女子にはあまりないと聞く。あまり前の恋愛を引きずらない女子の場合、こんな風に思うかもしれない。↓

こう思う女子もいるだろうし、思わない女子もいるだろう。ただ、全体的に恋愛論やジェンダー論(性別論)でよくいわれることは「女子の方が前の恋愛を引きずらない」ということだ。

だから「新たな恋をした時点で、前の恋がもう一度終わる」という感覚は、男子の方が理解しやすいものだと思う。

出演の経緯

努力するってことは必ず必要なことなので置いておいて、あとは言葉にすることかなと思います。自分が夢に向かって頑張っているつもりでも、周りの人から見たらそう見えないかもしれないし、口に出して伝えることで協力してくれる人も現れるかもしれない。僕も、My Hair is BadさんのMusic Videoに出演させていただいたんですけど、My Hair is Badさん好きってことを言い続けていた結果でした。 ドラマで見つけたイケメン!「警視庁いきもの係」清原翔を直撃 「そんな甘い考えなら辞めた方がいい」反対された俳優への道<モデルプレスインタビュー>(モデルプレス)※中盤の「『ゼクシィ』の反響は?」の段落を参照