岡田将生、ギネス世界記録更新で感涙「あれほど高ぶったのは25年間なかった」(exciteニュース)

岡田将生(ヒロインの兄・奥原咲太郎役)

1989年生まれ、29歳。スターダストプロモーション所属。

2006年、17歳で「日本工学院専門学校」のCMにてデビュー。同年、テレビドラマ『東京少女』で俳優デビューを果たす。

2008年冬から2009年にかけては『魔法使いに大切なこと』『僕の初恋をキミに捧ぐ』などの話題作に多数出演。これらの実績によって、2009年度映画賞の新人賞を総なめにする。

2010年には『悪人』『告白』の2作品によって、日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を獲得。2012年には『平清盛』で、大河ドラマ史上最年少のナレーションを演じた。

その後も2013年の『リーガルハイ』で「ザ・テレビジョン ドラマアカデミー賞」の助演男優賞、2016年の『ゆとりですがなにか』で「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の主演男優賞など、多くの賞を獲得している。