なつぞらのネタバレ・あらすじ

奥山玲子

Image via:Google Image Search「Reiko Okuyama」(Sin Orden ni Concierto)

奥山玲子(おくやまれいこ・1936年10月26日~2007年5月6日・宮城県仙台市生まれ)[1][2]は、日本のアニメーター・銅版画家。日本および世界の女性アニメーターのパイオニアとして活躍した[3]。作画監督を務めた作品には、『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『マジンガーZ』など、アニメーション史に残る大作が多数ある[4]

夫はアニメーター・キャラクターデザイナーの小田部羊一(こたべ・よういち)[5]。奥山の別名義には「小田部玲子」「北川玲子」などがある[6]

晩年は教育者・銅版画家として活躍した。教育の分野では、夫の小田部とともに東京デザイナー学院・アニメーション科の講師として活躍。アニメーションの女性講師としても、草分け的存在となった。

2007年5月6日、肺炎により死去。享年70歳であった。

奥山の生年

奥山の生年を「1930年」とする情報が多い。しかし、これは誤りである。奥山の生年は「1936年」だ。どこでわかるか、なぜ誤った情報が流布したかは、下の記事で解説する。

奥山玲子の生年は1936年。亡くなった年齢は70歳。

目次

経歴

学生時代

社会人時代

東映動画時代

  • 東映動画時代
  • 日本アニメーション時代
  • フリーランス時代
  • 死去
  • 人物

    経歴

    出生

    1936年10月26日、宮城県仙台市生まれ。家は、伊達藩の家老「奥山家」の血筋である。

    出生の出典と解説はこちら

    画像引用元:Wikipedia「仙台市電」の「1930年頃の芭蕉の辻の写真」のページ

    上の画像は、ちょうど奥山が生まれた1930年頃の、仙台市「芭蕉の辻」の写真である(画像はクリックで拡大)。

    幼少時代

    幼少期は病弱だった。「秋から春まで寝て過ごしていた」という。

    外で遊べない分、多くの文学作品を読んで過ごした。読んでいたのは、子ども向けの文学や漫画ではなく、『シェークスピア全集』などの大人の文学である。

    小学4年から中学1年の頃には、「舞台監督のマネごと」をしていた。自ら脚本を書き、衣装を制作し、弟や妹に役を割り振り、舞台の「演出」をしていた。年に2回、家族や近所の人々を集めて「公演」をしていたという。

    幼少時代の出典と解説はこちら

    小学時代

    敗戦で価値観が覆り、大人不信に

    敗戦になった時に世の中の価値感が全てひっくり返ったわけです。鬼畜米英が占領軍に、教科書は全て墨ヌリで、完全に大人不信になりました。 P.90

    小学校は休んでばかりいたにもかかわらず成績が良く、全校総代として卒業証書をもらったんですが、その時に「中学に入ったら大人の言うことは聞かないぞ」と決意しました。

    反抗的になる

    それまでは無口でおっとりした子供だと思われていましたが、おかしいと思ったことを努めて口に出すようにしました。それからは、親にも世の中にも反抗的で可愛くない女の子でした。物も知らないくせいにやたらと辛辣でね。

    中学時代

    ミッションスクールに通った。絵画は選択授業でとっていた。

    授業を抜け出してフランス映画を観にいくことも多かった。『カルメン』『娼婦マヤ』などの映画を好み、谷崎潤一郎を愛読した。

    画像引用元:映画パンフ『カルメン』(日本の古本屋)※永楽屋が出品
    画像引用元:映画パンフ『娼婦マヤ』(日本の古本屋)※永楽屋が出品

    中学校からはミッションスクールに通い、選択授業で絵画をとっていた。よくエスケープしてフランス映画に通った。お気に入りは『カルメン』(1946年 クリスチャン・ジャック監督)や『娼婦マヤ』(1949年 レイモン・ベルナール監督)、愛読書は谷崎潤一郎であった。

    高校時代

    1950年6月25日、朝鮮戦争が勃発する。奥山はこのとき19歳で、高校3年生だった。

    学校は中学と同じ「ミッションスクール」である。19歳で高校3年生というのは、現代だと計算が合わないが、終戦直後の混乱を考えれば自然であろう。

    何はともあれ、この戦争を目の当たりにして、奥山の反抗はさらにエスカレートした。

    聖書の時間に、「神がいるなら何故戦争が起きたのか」と先生を問いつめたり、周囲の大人たちに「第二次大戦の開戦時に20歳以上だった人はみんな戦争犯罪人だ」と突っかかったり、成績もムラがあって、先生に呼び出されて叱られても、睨みつけて懲りない子でしたね。もっと悪くなりたかったんですが、なり切れなくて悶々としていました。

    19歳だと、現代の学生なら大学に通っていることが多い。しかし、終戦直後の混乱期だったので、まだ高校(ミッションスクール)に通っていてもおかしくはないだろう。

    奥山の大学は「東北大学教育学部」なので、「聖書の時間」があったとは思えない。そのため、上の回想は「ミッションスクール時代のもの」と考えていいだろう。

    哲学への憧れ

    当時の奥山は哲学にも深い関心を持っていた。これは奥山に限らず、当時の大学生の多くに共通している。彼らにとって「高度な書物を持ち歩く」ことは、何よりのファッションであった。

    フランスのカミュやサルトルの実存主義にかぶれました。私はボーヴォワールのようになりたいと思っていました。

    大学時代

    奥山は東北大学教育学部に進学した。これは父の意向であった。

    しかし、奥山本人の教員になる気はなく、入学後、家出同然に状況した。

    奥山氏はミッションスクールを卒業後、東北大学教育学部に進学。父の意向だったが、どうしても教員になる気にはなれず、家出同然に状況。

    デザイン会社勤務前

    家出同然で上京したあと、奥山は複数の職業を経験した。その後で、デザイン会社に勤務する。

    この「仕事を転々とした時代」が、何年ほどかはわからない。しかし、数年はあったと見られる。理由は下の通りだ。

    「いくつかの職業を経験する」となると、おそらく2年はかかっただろう。また、奥山の能力や後のキャリアからすると、デザイン会社に勤務したのは、それほど遅くなかったと考えられる。長くても4年ほど放浪したら、デザイン会社に入っていただろう。

    このように考えると、奥山が放浪していたのは2年~4年程度ではないかと思われる。

    父の意向だったが、どうしても教員になる気にはなれず、家出同然に状況。幾つかの職業を遍歴した後、全くの偶然から東映動画に入社することとなる。

    デザイン会社勤務時代

    上京した奥山は、当初デザイン会社に入社。しかし、仕事はうまく行かず退社する。

    大久保(新宿区)のデザイン会社に勤めていたんですが、不景気で給与遅配で困っていました。

    奥山のコメント

    東映本社採用の大卒男子が月給1万3500円、その下が東映動画の定期採用大卒男子、同女子、その下が定期採用高卒男子、同女子の順で、それぞれが1000円から500円くらいの差。更にその下が臨時採用で、これは男女差なく定期採用者の半分程度。私も大塚(康生)さんも楠部(大吉郎)さんも臨時でした。確か大卒は6000円、高卒は5000円。私はこの理不尽な格差は絶対に許せないと思いました。 『日本のアニメーションを築いた人々』P.92
    給与の高い順

    上記の奥山の説明をまとめると、下のようになる。

    1. 大卒男子(本社採用)
    2. 大卒男子(定期採用)
    3. 大卒女子(定期採用)
    4. 高卒男子(定期採用)
    5. 高卒女子(定期採用)
    6. 大卒男女(臨時採用)
    7. 高卒男女(臨時採用)

    奥山は一番下の「臨時採用高卒」だった。

    それぞれの給与

    奥山の説明をまとめると、学歴・採用形式ごとの月給は下のようになる。

    学歴(採用形式)月給
    大卒男子(本社採用)1万3500円
    大卒男子(定期採用)1万2500円
    大卒女子(定期採用)1万2000円
    高卒男子(定期採用)1万1000円
    高卒女子(定期採用)1万500円
    大卒男女(臨時採用)6000円
    高卒男女(臨時採用)5000円

    太字の部分は、奥山が正確に金額を語っているものだ。その他の部分は「それぞれ1000円から500円の差」という言葉から下のように推測した。

    あくまで推測だが、その推測で月給の目安をまとめると、上の表のようになる。

    奥山が語る、当時のアニメ業界の事情

    臨時採用スタッフの努力が、作品を支えていた

    作品のタイトル上だけは大塚さん、楠部さんなど、臨時でも実績のある人は上位でしたが、それに見合う給料が支払われたわけではありません。生活をかけた臨時の頑張りが作品の底辺を支えていたんです。

    その他の補足(引用)

    東映動画時代

    Image via:Two pioneer women animators(ANIPAGES)

    東映動画時代の詳しい情報や出典は、下の記事でまとめる。

    奥山玲子の東映動画時代

    奥山が最初に担当したアニメは『白蛇伝』である。同作は東映動画初の長編アニメで、1958年に公開。奥山は28歳だった。

    翌1959年には、自身3作目となる『少年猿飛佐助』でセカンド原画を担当。さらに2年後の1961年に『安寿と厨子王丸』で原画補佐に昇格し、翌年の『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』では、初の原画を担当した。

    1963年(33歳)になると、『狼少年ケン』で原画と作画監督を担当。以後、『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『マジンガーZ』などの大ヒット作を含め、多数のアニメで作画監督を務める。

    日本アニメーション時代

    1976年~1977年(46歳~47歳)の間は、日本アニメーションに在籍した。同社では『母をたずねて三千里』の作画監督補、『シートン動物記 くまの子ジャッキー』の原画と、いずれも大作を担当している。

    (同社で奥山が手がけた作品は、2作のみである)

    フリーランス時代

    日本アニメーション在籍時の1976年から、奥山はフリーランスのアニメーターとしても活動していた。この時期には『キャンディ・キャンディ』『じゃりン子チエ』『火垂るの墓』などのビッグタイトルの原画を担当している。

    91年完成の『注文の多い料理店』の原画を61歳で担当してからは、現場の第一線から一時的に遠のく。しかし、10年後の2001年には71歳で『詩画集 墓標』を出版。2年後の2003年には、73歳で『冬の日』の絵コンテ・原画・レイアウトを手がけた。

    死去

    2007年5月6日、肺炎により死去[7]。享年77歳であった。奥山の訃報を受けて、大工原章、大塚康生、林静一、山下恭子といったアニメーション業界の大家が、揃って追悼の言葉を寄せた。

    奥山の死は、夫の小田部羊一によって、しばらくの間公表されなかった(2人の関係は非常に良好で、おしどり夫婦として知られていた)。

    人物

    Image via:REIKO OKUYAMA, UN CASO SINGULAR(elblogdemazingerz)

    性格・ファッション

    自身の意見を積極的に主張して仕事を進める、男勝りなタイプだったとされる。また、当時アニメーターの服装は総じて地味であったが、その中でカラフルな洋服を日替わりで着こなすファッションセンスでも知られていた。

    奥山さんはお洒落で、東映社員時代、一日も、同じ服で出社したことが御座いません。

    それが標的になり、一年間の服装の変化を描いた、角やんの労作も展示されております。

    本当に東映動画というところは、アニメ作品以外にも、色々、作品を生み出していたのですね。

    「奥山玲子展─銅版画とアニメーション─」開催中

    アニメ制作以外の活動

    アニメの制作業務だけでなく、組合活動にも積極的に参加した。また、1986年(56歳)からは、東京デザイナー学院アニメーション科の講師も務めた。

    組合

    組合結成

    奥山と同僚たちが組合を結成したのは1962年である。当時、奥山は『シンドバッドの冒険』で原画に昇格していた。

    アラビアンナイト シンドバッドの冒険 [DVD](amazon.co.jp)

    初の原画担当はアニメーターとして大きな「出世」である。しかし、組合の結成準備に忙殺されていた奥山は、この「初原画」の印象を「薄い」と語る。

    『シンドバッド』は組合結成の時期でゴタゴタしていて、原画なのに内容の印象は薄いですね。

    『日本のアニメーションを築いた人々』P.96、13行目
    会社に秘密の地下活動で準備

    組合の結成は、会社に秘密の「地下活動」で進められたという。奥山は下のように語る。

    結成準備は地下活動でした。連日会社にばれないように深夜までの会議、結成後は第一期の執行委員をやりました。

    P.96の14行目~P.97の1行目

    結婚

    1963年、33歳でアニメーター・キャラクターデザイナーの、小田部羊一と結婚した。小田部は『アルプスの少女ハイジ』『風の谷のナウシカ』『スーパーマリオブラザーズ』『ポケットモンスター』といった錚々たる大ヒット作で、作画監督やキャラクターデザイン、監修などを手がけた。奥山と同じく、アニメーションの歴史に残る巨匠である。

    注釈

    [3]…日本・世界の女性アニメーターのパイオニア

    これは、Two pioneer women animators(2人の女性アニメーターのパイオニア)という海外の記事からわかる。この記事に下の一文がある。

    She became the first woman animation director ever in 30,000 Leagues under the Sea (1969).

    日本語に訳すとこうなる。↓

    彼女は『海底3万マイル』で、初の女性アニメーションディレクターとなった。

    アニメーションディレクターとは「作画監督」のことだ。これは「追悼 奥山玲子さん」の「フィルモグラフィー>>東映動画時代」で、こう書かれていることでわかる。↓

    1970.7.19.公開(映画)『海底3万マイル』作画監督(共同)・原画

    これは「女性として初」という情報は、前記の英語記事に頼った。他の情報源も収集する必要がある。しかし、年代から考えてもおそらく間違いないだろう。「追悼 奥山玲子さん」でも、「女性アニメーターのリーダー的存在として腕を振るう一方…(後略)」と紹介している。

    「世界でもパイオニア」というのは、どこでわかるか

    これを明記した資料はないが、一般的に考えて「そう言える」だろう。アニメは米国で生まれたものだが、大成させたのは戦後の日本である。

    その戦後日本で「初の女性アニメ監督」だったなら、世界でもパイオニアといえる。「初」かどうかはわからない。小さいアニメで監督を務めた女性は他にもいるかもしれないからだ。

    しかし、影響力がある大作でアニメ監督を務めた女性は、記録を確認できる中では奥山が最初とされる。これらの理由から「日本でも世界でも、女性アニメーターのパイオニア」といえる。

    [4]…『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『マジンガーZ』の作画監督を歴任

    これも、「追悼 奥山玲子さん」でわかる。下の記述だ。

    (前略)

    1966.12.5.~68.12.30.放映(TV)『魔法使いサリー』作画監督(77話ほか)

    (中略)

    1969.1.9.~70.10.26.放映(TV)『ひみつのアッコちゃん』作画監督(44・61話)

    (中略)

    1972.12.3.~74.9.1.放映 (TV)『マジンガーZ』作画監督(69話)

    (後略)

    [5]…夫はアニメーター・キャラクターデザイナーの小田部羊一

    これは、Wikipedia「小田部羊一」でわかる。この記事に下のような記述がある。

    小田部 羊一(こたべ よういち、1936年9月15日 - )は日本のアニメーター、キャラクターデザイナー

    (中略)

    妻のアニメーター・銅版画家の奥山玲子(英語版)(2007年逝去)と2人だけのスタジオ「アトリエ羚」を主宰。

    上記の記述から、小田部氏の肩書が「アニメーター・キャラクターデザイナー」であること、奥山が小田部氏と結婚していたことがわかる。

    [6]…「小田部玲子・北川玲子」の名義も使用していた

    これも、「追悼 奥山玲子さん」でわかる。「東映動画時代」の段落に、下の実績が書かれている。

    1965.11.1.~66.4.25.放映(TV)『ハッスルパンチ』原画・作画監督(19話 小田部玲子 名義)
    (中略)
    1973.6.30.公開(映画)『哀しみのベラドンナ』原画(北川玲子 名義)

    作品と名義の組み合わせをまとめると、下の通りだ。

    [7] 亡くなられた原因が肺炎であることは、どこでわかるか

    旦那さんの小田部羊一氏の手紙からわかる。リンク先の文章は、多数の著書を持つ市民運動家・吉川勇一氏のホームページのものだ。奥山さんが亡くなられた後、吉川さんに対して小田部さんが書かれた手紙である。

    その手紙に「今年始めから体調不良を訴えていましたが思いもしなかった重症の肺炎です。」という一文がある。ここから、亡くなられた原因が肺炎だったことがわかる。

    ページTOPに戻る