なつぞらのネタバレ・あらすじ

なつぞらの主人公・奥原なつの実在モデル「奥山玲子」のwiki風プロフィール

奥山玲子(おくやまれいこ・1930年10月26日~2007年5月6日・宮城県仙台市生まれ)[1][2]は、日本のアニメーター・銅版画家。日本および世界の女性アニメーターのパイオニアとして活躍した[3]。作画監督を務めた作品には、『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『マジンガーZ』など、アニメーション史に残る大作が多数ある[4]

夫はアニメーター・キャラクターデザイナーの小田部羊一(こたべ・よういち)[5]。奥山の別名義には「小田部玲子」「北川玲子」などがある[6]

目次

  1. 経歴
    1. 幼少期~学生時代
    2. デザイン会社勤務時代
    3. 東映動画時代
    4. 日本アニメーション時代
    5. フリーランス時代
    6. 死去
  2. 人物
    1. 性格・ファッション
    2. アニメ制作以外の活動
    3. 結婚
  3. 注釈

経歴

Image via:Google Image Search「Reiko Okuyama」(Sin Orden ni Concierto)

幼少期~学生時代

幼少期の奥山は病弱で、多くの時間を家で寝ながら過ごした。絵を描くことに関心を持ったのはこの時期である。

第二次世界大戦の終結後、奥山は東北大学教育学部に入学する。しかし、中途で退学し、家出同然で東京に移り住んだ。

デザイン会社勤務時代

上京した奥山は、当初デザイン会社に入社。しかし、仕事はうまく行かず退社する。

その後、伯父の紹介で東映動画に入社。当時の奥山はアニメ・漫画に興味がなく、動画という言葉も「童画=子供向けの絵」のことだと勘違いしていた。

東映動画時代

Image via:Two pioneer women animators(ANIPAGES)

奥山が最初に担当したアニメは『白蛇伝』である。同作は東映動画初の長編アニメで、1958年に公開。奥山は28歳だった。

翌1959年には、自身3作目となる『少年猿飛佐助』でセカンド原画を担当。さらに2年後の1961年に『安寿と厨子王丸』で原画補佐に昇格し、翌年の『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』では、初の原画を担当した。

1963年(33歳)になると、『狼少年ケン』で原画と作画監督を担当。以後、『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『マジンガーZ』などの大ヒット作を含め、多数のアニメで作画監督を務める。

日本アニメーション時代

1976年~1977年(46歳~47歳)の間は、日本アニメーションに在籍した。同社では『母をたずねて三千里』の作画監督補、『シートン動物記 くまの子ジャッキー』の原画と、いずれも大作を担当している。

(同社で奥山が手がけた作品は、2作のみである)

フリーランス時代

日本アニメーション在籍時の1976年から、奥山はフリーランスのアニメーターとしても活動していた。この時期には『キャンディ・キャンディ』『じゃりン子チエ』『火垂るの墓』などのビッグタイトルの原画を担当している。

91年完成の『注文の多い料理店』の原画を61歳で担当してからは、現場の第一線から一時的に遠のく。しかし、10年後の2001年には71歳で『詩画集 墓標』を出版。2年後の2003年には、73歳で『冬の日』の絵コンテ・原画・レイアウトを手がけた。

死去

2007年5月6日、肺炎により死去[7]。享年77歳であった。奥山の訃報を受けて、大工原章、大塚康生、林静一、山下恭子といったアニメーション業界の大家が、揃って追悼の言葉を寄せた。

奥山の死は、夫の小田部羊一によって、しばらくの間公表されなかった(2人の関係は非常に良好で、おしどり夫婦として知られていた)。

人物

Image via:REIKO OKUYAMA, UN CASO SINGULAR(elblogdemazingerz)

性格・ファッション

自身の意見を積極的に主張して仕事を進める、男勝りなタイプだったとされる。また、当時アニメーターの服装は総じて地味であったが、その中でカラフルな洋服を日替わりで着こなすファッションセンスでも知られていた。

アニメ制作以外の活動

アニメの制作業務だけでなく、組合活動にも積極的に参加した。また、1986年(56歳)からは、東京デザイナー学院アニメーション科の講師も務めた。

結婚

1963年、33歳でアニメーター・キャラクターデザイナーの、小田部羊一と結婚した。小田部は『アルプスの少女ハイジ』『風の谷のナウシカ』『スーパーマリオブラザーズ』『ポケットモンスター』といった錚々たる大ヒット作で、作画監督やキャラクターデザイン、監修などを手がけた。奥山と同じく、アニメーションの歴史に残る巨匠である。

注釈

[1] 奥山の生年「1930年」はどこでわかるか

Googleで「奥山玲子 生年」と検索すると、Googleが「1930年」と返す。ここから当記事でも1930年と書いた。

また、英語版のWikipedia「Reiko Okuyama」でも、基本情報の一覧で「Born Est.1930」と書かれている。Estとは「西暦」のことだ。

ただ、このwikiの生年が何を参考にしたかは書かれていない。また、日本語の各記事を見ても、奥山の生年を明記しているものがない。もちろん、女性の年齢に関わることなので伏せた、ということもあるかもしれない。

亡くなられて10年以上経過した今では、年齢を気にする必要はない。むしろ、生まれが早いほど「パイオニアとしての存在価値」も高まっていいのではないかと思う。

また、NHKの朝ドラ「なつぞら」の主人公のモデルとなったことで、正確な情報を知りたいと思う日本人が増えただろう。このため、生前の奥山さんを知る方々が生年をあえて伏せた可能性があるのに対し、当記事ではできるだけ情報を集め「1930年」と書かせていただいた。

[2] 「10月26日仙台市生まれ」と「2007年5月6日逝去」はどこでわかるか

追悼 奥山玲子さん」でわかる。映像研究家の叶精二氏の公式サイトの記事だ。叶氏は亜細亜大学・大正大学・東京工学院アニメーション科などで講師を務められている方である。

上のリンク先に「10月26日宮城県仙台市生まれ」「2007年5月6日病没」と書かれている。

[3]…日本・世界の女性アニメーターのパイオニア

これは、Two pioneer women animators(2人の女性アニメーターのパイオニア)という海外の記事からわかる。この記事に下の一文がある。

She became the first woman animation director ever in 30,000 Leagues under the Sea (1969).

日本語に訳すとこうなる。↓

彼女は『海底3万マイル』で、初の女性アニメーションディレクターとなった。

アニメーションディレクターとは「作画監督」のことだ。これは「追悼 奥山玲子さん」の「フィルモグラフィー>>東映動画時代」で、こう書かれていることでわかる。↓

1970.7.19.公開(映画)『海底3万マイル』作画監督(共同)・原画

これは「女性として初」という情報は、前記の英語記事に頼った。他の情報源も収集する必要がある。しかし、年代から考えてもおそらく間違いないだろう。「追悼 奥山玲子さん」でも、「女性アニメーターのリーダー的存在として腕を振るう一方…(後略)」と紹介している。

「世界でもパイオニア」というのは、どこでわかるか

これを明記した資料はないが、一般的に考えて「そう言える」だろう。アニメは米国で生まれたものだが、大成させたのは戦後の日本である。

その戦後日本で「初の女性アニメ監督」だったなら、世界でもパイオニアといえる。「初」かどうかはわからない。小さいアニメで監督を務めた女性は他にもいるかもしれないからだ。

しかし、影響力がある大作でアニメ監督を務めた女性は、記録を確認できる中では奥山が最初とされる。これらの理由から「日本でも世界でも、女性アニメーターのパイオニア」といえる。

[4]…『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』『マジンガーZ』の作画監督を歴任

これも、「追悼 奥山玲子さん」でわかる。下の記述だ。

(前略)

1966.12.5.~68.12.30.放映(TV)『魔法使いサリー』作画監督(77話ほか)

(中略)

1969.1.9.~70.10.26.放映(TV)『ひみつのアッコちゃん』作画監督(44・61話)

(中略)

1972.12.3.~74.9.1.放映 (TV)『マジンガーZ』作画監督(69話)

(後略)

[5]…夫はアニメーター・キャラクターデザイナーの小田部羊一

これは、Wikipedia「小田部羊一」でわかる。この記事に下のような記述がある。

小田部 羊一(こたべ よういち、1936年9月15日 - )は日本のアニメーター、キャラクターデザイナー

(中略)

妻のアニメーター・銅版画家の奥山玲子(英語版)(2007年逝去)と2人だけのスタジオ「アトリエ羚」を主宰。

上記の記述から、小田部氏の肩書が「アニメーター・キャラクターデザイナー」であること、奥山が小田部氏と結婚していたことがわかる。

[6]…「小田部玲子・北川玲子」の名義も使用していた

これも、「追悼 奥山玲子さん」でわかる。「東映動画時代」の段落に、下の実績が書かれている。

1965.11.1.~66.4.25.放映(TV)『ハッスルパンチ』原画・作画監督(19話 小田部玲子 名義)
(中略)
1973.6.30.公開(映画)『哀しみのベラドンナ』原画(北川玲子 名義)

作品と名義の組み合わせをまとめると、下の通りだ。

[7] 亡くなられた原因が肺炎であることは、どこでわかるか

旦那さんの小田部羊一氏の手紙からわかる。リンク先の文章は、多数の著書を持つ市民運動家・吉川勇一氏のホームページのものだ。奥山さんが亡くなられた後、吉川さんに対して小田部さんが書かれた手紙である。

その手紙に「今年始めから体調不良を訴えていましたが思いもしなかった重症の肺炎です。」という一文がある。ここから、亡くなられた原因が肺炎だったことがわかる。

ページTOPに戻る