なつぞらのネタバレ・あらすじ

雪月(なつぞらのお菓子屋)の名前のモデルは柳月

柳月・公式サイト

なつぞらに登場するお菓子屋さん(製菓メーカー)は「雪月」という。この名前の由来(モデル)は、おそらく「柳月」だろう。そう言える理由は下の通りだ。

  1. 名前が似ている(柳月・雪月)
  2. 「北海道有数の製菓メーカー」という設定(実在の柳月も同じ)
  3. 所在地がどちらも「帯広市」

名前が似ている(柳月・雪月)

これはそのままで、柳月・雪月は非常に似ている。

…と、これだけで終わると短すぎるので、「他に月が付く製菓メーカーで、有名なところがないか」を探してみよう。Googleで「製菓会社 月」と検索すると、柳月以外では下の会社がヒットする。

(それぞれ公式サイトにリンク)

いずれも、ドラマの「雪月」のイメージには遠い。それぞれの理由をまとめると、下の通りだ。

名月
1文字でなく、2文字で1つの単語である
岩月
これは名字である。所在地の愛知県高浜市に多いのだ(筆者の親友も岩月だった)
花月
「花月」だけだったら「雪月」にかなり近かった。しかし「製菓」が付いている時点で、付いていない「柳月」には負ける

花月は唯一惜しかったが、やはり3つとも「そもそも製菓が付いている時点でイメージが遠い」のである。

「北海道有数の製菓メーカー」という設定(実在の柳月も同じ)

ドラマの雪月は「北海道有数の製菓メーカー」という設定である。

(製菓メーカーという言葉は「頭が頭痛」のようだが、公式サイトでもこう書かれているので、それに従う)

そして、この規模感は柳月も同じだ。柳月が「北海道有数」といえる理由は、下の通りである。

北海道HACCPとは?

北海道HACCPとは、北海道が認定するHACCPである。HACCPとは「高度な食品衛生管理システム」を意味する。北海道(上川総合振興局)は、下のように説明している。

HACCP(ハサップ)は、より安全な食品を提供するために考えられた食品の衛生管理システムです。
アメリカのNASAが、宇宙飛行士が食べる宇宙食の安全性を確保するために開発しました。 「HACCP(ハサップ)」って、何? (北海道上川総合振興局)

国全体では厚生労働省が主導している。(HACCP(厚生労働省)

北海道の菓子製品分野で、初めて認証された

柳月は、このHACCPの認証を「北海道の菓子製品分野ではじめて受けた企業」である。公式サイトで下のように書かれている。

平成20年4月には三方六製造工程に於いて、国が認証するHACCPの基準と同レベルの北海道のHACCPでお菓子業界では初めての認証を北海道知事選定機関から受けました。 会社概要(柳月)

「公益財団法人の認証」の厳しさ

一般財団法人は簡単に設立できるが、それが「公益財団法人」になるには、厳しい条件をクリアしなくてはならない。

同様の条件は「認定NPO」にもある。普通のNPOより信頼性の高い団体だ。NPOは、頭数さえ揃えば誰でも設立できる。

NPOは頭数、一般財団法人はお金さえあれば誰でも設立できる。つまり、これらの団体ではそれほど信用に値しない。ヤクザがNPOを運営していることもよくあるのだ。

これに対し、公益財団法人・認定NPOは上記のような条件をクリアしなくてはいけない。そして、この条件をクリアできる団体は少ない。

「柳月財団」は、設立からわずか1年でこの認証を受けている[]

柳月・会社概要

会社名株式会社 柳月
所在地〒080-0342 河東郡音更町下音更北9西18-2
事業内容
  • 十勝音更本社工場にて和菓子・洋菓子の製造
  • 直営店舗42店舗で販売
  • イタリアンレストランの経営
代表商品三方六
設立1947年3月(昭和22年3月)
資本金2,000万円(グループ会社合計)
代表者代表取締役社長社長 田村 昇
従業員数770名(2017年10月時点・グループ会社合計)

所在地がどちらも「帯広市」

柳月と雪月は、どちらも本店所在地が「帯広市」である。本店所在地とは「登記上の住所=正式な住所」のことだ。

事業の実態(本社機能)としては、モデルの柳月の方は「音更町」にある。ただ、これも位置的には「ほぼ帯広市」だ。下の地図を見てほしい。

このように、2つの市・町は隣接している。このため、立地の面でも「雪月のモデルの1つに柳月がある」といえるだろう。

父の代から帯広に和菓子屋を構える。砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切る。のちに泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。 《2019年度前期 連続テレビ小説》主な出演者発表! 〜北海道・十勝 編〜(NHK)

三方六とは?

三方六(柳月オンラインショップ)

三方六(さんぽうろく)とは「縦に切られた形のバウムクーヘン」である。普通のバウムクーヘンは「横に切る」ので、その点が違う。上の画像のように細長く、縦に切るのである。

名前の由来は「三方六寸に切られた薪(たきぎ)」である。薪の木の皮をイメージし、茶色・白の2色のチョコレートでコーティングしている。

【参考】…コトバンク「三方六」

柳月財団は、設立の翌年に公益財団法人の認証を受けた

2015年(平成27年)には北海道の未来を担う学生の人材育成のため育英資金団体「柳月財団」を設立し、翌年には北海道から公益財団法人の認定を受けた。 Wikipedia「柳月」※「沿革」の段落